韓国語や英語にも対応している翻訳サービスを有効活用|NO言葉の壁

訳文依頼の費用対効果

PCを操作する人

優れた訳文が事業に貢献

事業で翻訳が求められるとき、会社内で対処するか翻訳サービスに外部発注するか否かと躊躇する事業者もしばしば見られます。実際には、翻訳時自社内および翻訳サービスではコストと効果のバランスの面で全く違うところがあります。翻訳は、単純にある言語を別の言葉に替えるタスクではありません。各所固有の商法や習慣、あるいは現時点で活用されているビジネス用語の広範な知識を介して、どうやって 円滑に意思疎通と協働が可能かを突き詰めていくのも翻訳に要することのひとつといえます。 その結果、所定の言語知識というだけでは、想定外の問題に結び付くこともあります。ですから、優れた翻訳が適切になされる必要性があり、そうすることによって事業に大きく貢献できることへとつながります。

必要なコスト

例えば、翻訳においての全体的な費用の節減を意図に会社内従業員が翻訳した必要な関係資料で海外の企業とのディスカッションに踏み切り、相手会社の不評を買ってしまったという問題が引き起こされることがあります。必要な関係資料に無礼なフレーズが入ることがあります。 コスト面の無駄の排除は重要度が高い要素ではあるのですが、事業においては費用以上に価値のあるポイントも見受けられることもまた実際の姿です。絶対必要な費用を使ってこそ、享受できるベネフィットがあるということになります。ですから、翻訳サービスに求められる必要なコストを削減することなく、充分にサービスの必須のコストをかけて、相手方に合わせた資料を提供することが、重要になります。

Copyright© 2017 韓国語や英語にも対応している翻訳サービスを有効活用|NO言葉の壁 All Rights Reserved.